黒ラブ飼ってます

ラブラドール梅子とアウトドアなどして暮らす日々
TOPスポンサー広告 ≫ ひとすじのひかりTOP2大手術 ≫ ひとすじのひかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ひとすじのひかり

3日連続でお送りしております、ソワソワ
話が長いもんで、どーもスンマセン。
だって、本当に長いんですよ。出来事が。


では、続きをどうぞ。


= = = = =


先生方は片っ端から電話をして、内視鏡の設備はあるか?今日中にできるか?
問い合わせてくださいました。
けれど「うちにも設備がない」とか「手術は予約でいっぱい」だとか、
「院長先生の出勤される日でないと手術できない」とか、ことごとく断られました。


面識のない病院からの紹介で、初診の患者をいきなり手術とかね、
断る理由は色々でしたが、元から無理な話なのかもしれなかったです。今思えば。


梅子が通っている病院は、開業してわずか半年(当時)の、まだまだ小規模なところです。
こういう時のために、設備がしっかりした大きな病院にも顔を通しておいたほうが良さそうですね。
でも普段は、“街の獣医さん”のが料金も安価だし、担当の先生がコロコロ変わる事もないし。
だから、よっぽどの事がないと、大きな病院へは行かない気がするのです。
その、よっぽどって、緊急だったりしませんか?


皆さんはどうしてますか?


話は元に戻り、、、
今日中にオペをしてくれる病院は、もう近所にはないとわかりました。
「明後日なら院長先生がいるから・・」みたいな病院はありましたが、誤飲から既に3日目。
いつもハイパーなのが嘘のような、弱々しい梅子がいました。


先生は、「ちょっと遠いけれど、ここなら」と言って、
先生の恩師が院長を務める、埼玉の大病院を紹介してくれました。
高速で1時間半か、2時間くらい。今日中にオペできるなら、もうここしかない。
そして先生が院長先生へ問い合わせの電話をかけると。


「容態が悪い。動かすのは良くない。
到着は夜になるけれど、こちらの診察終了後にそちらに向かいます」とのお返事が!!


どうやらもう、内視鏡どころではないかもしれない。
とにかくヘルプに来てくださるとのこと。


少しだけ、安心しました。
とにかくオペができるとわかったことで、少しだけ。


そこからは、手術、施術前の血液検査、麻酔の同意書について説明がありました。
麻酔って・・・・・梅子は4ヶ月6ヶ月前に避妊手術を受けたばかりでした。
この短期間で全身麻酔2度もするなんて。
今回は、体力、免疫力の低下が見られ、麻酔が安全とは言えず、
最悪の場合も想定しておくべきとのこと。


そこで急に、“死ぬんじゃないか”って思いました。
初めて思いました。


たった2,3日で体重が落ち、痛くて眠れずにいる梅子は、本当に弱々しかった。
今日も点滴でどうにか命をつないでいる梅子。
手術まで、預かってもらう事になりました。


麻酔を含めて、手術はおそらく夜の9時位からになる。
終わったら電話をいただくことにして、私たちは病院を後にしました。




<to be continued・・・>





重そうですけど重くないですよ。
だって今、生きてるもん♪


リフレッシュに、去年の9月末に行った尾瀬をどうぞ。

2011092412380000.jpg
※クリックすると拡大するよん


草もみじ美しー!
皆さんも是非行ってみてください。ファミリー多し。ワンコ不可。











<ブログランキングに参加中>

ポチッとお願いします
    
「生きててくれて、ありがとさん」
  
   にほんブログ村 犬ブログへ

「お母ちゃん、どーいたしまして♪」

Comment

ぷぅらぶばにばにの嫁です
編集
遅くに失礼しますm(__)m
ぷぅらぶばにばにのaneでございます。
いつも私たちのとんちんかんブログを観覧して頂き有り難う御座います。
住んでおられる地域が近くなので、梅ママ様のブログも大変参考になります。

梅子ちゃん大変だったのですね(+_+)
大型犬に心配な胃捻転も緊急を要する病気なので、私も近くの病院などは調べているつもりですが(-_-;)梅ママ様のブログに書かれていますが、その時に直ぐ手術ができるとは限らないのですね(泣)
叔母が飼っているダックスもトウモロコシを詰まらせ緊急の開腹手術をしたのですが、病院を探しまくり最後に見つけたのが川崎の土手沿いにある日本動物医療センター(だったかな?)で開腹手術をしたそうです。
うちも一歳までは黒ラブデルタもな~んでも食べてました(怒)ロープなんかもカミカミして食べてましたね。あとは飛んでる虫を空中キャッチしてはムシャムシャ。干からびたミミズもクチャクチャ。食べてる時に手を入れて虫を出す勇気もなく、最後はヌンコさんになって出てきましたが( ̄▽ ̄;)

また旦那に代わってコメントさせて頂く事があると思いますので、今後とも宜しくお願い致します♪

2012年08月18日(Sat) 00:47
aneさま
編集
こんにちは!コメントありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。秋になったらラン行こうと思います。会えるといいですね♪

それにしてもデルタさん、虫食べちゃうんですか!
虫、苦手なんです。口ん中に手を突っ込む勇気、私もないですー(*_*)ひぇー。

病院は・・・・色々通われてますか?
うちは一つだけなんです。大きい病院も、いきなり初診で手術はしてくれそうにないから、
健康診断とかで通うべきかしら・・・・。

2012年08月18日(Sat) 16:15
編集
こんにちは!

まーだ続くとですか!(TT)
そう、今生きてるもん♪っとは言え、
ハラハラします(-_-;)

私は病院ジプシーで、この期に及んで
また変えようかとしてます。
今度は漢方と針のあるところへ。
で病院ですが、ワンの命を左右する病院選び、やっぱりいくつか
かかりつけを持っておくのがいいのと、
夜間の救急病院を確認しておくといいと思います。
福岡は、365日開業してる夜間救急病院が数年前にできましたので
夜中に何かあればそこに行きます。
東京にはそういうところたくさんありそうですよね。
ほんとはかかりつけが夜中も診てくれた方が、
データもあるしいいのですが。。。
病院選びってほんと難しい。

さぁ、続きが気になるし、心臓に悪いんで
さっさとアップしてつかぁさい!!!
2012年08月18日(Sat) 16:32
ももちぇりさま
編集
長々と話しちゃってゴメンナサイ!
本日最終章をUPしましたですー。。゛(ノ><)ゝ

そうですね。悩んでたので参考になります!
アドバイスありがとうございます。助かりました。

かかりつけの病院、やっぱりいくつか確保しておきます。
今の病院は西洋医学に頼らない方法も考えてくれるそうなんですが、設備がまだまだです。
確かに田舎町な梅ママシティでも「腐っても東京」。周辺に動物病院が多いので、ちょっとラッキーです。

夜間動物病院は梅子さん4ヶ月の頃、髪につけるシュシュを飲み込んでお世話になりました(泣)
そこは周辺病院の先生が輪番制で診察してて、かかりつけ医の診察券で見てもらえます。
ということは、データを共有してるのかな??
今さら気づきました。。。
今はそこの母体の大病院が24時間経営になりました。
規模が大きすぎて年中混んでるし、梅子の手術も断られちゃったのですが、
ガン専門医がいたり、鍼治療と水中歩行などのリハビリやってます。
やっぱり今度、行ってみようかな。

ホリスティック病院もありまして、
いつか使う時がくるのかな・・・と思って一応頭の片隅に入れてます。んー。
2012年08月18日(Sat) 17:11












非公開コメントにする
プロフィール

梅ママ

Author:梅ママ
お酒と犬を愛するシュフ




梅子ちゃん
茨城の犬舎出身
2010年6月13日生まれ
10人兄弟の末っ子娘
大きな出来事:開腹手術
歯冠修復手術




旦那ちゃん
犬を飼うのが初めて!の
関西人サラリーマン
通称ファンシーさん

最近のコメント
データ取得中...
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。