黒ラブ飼ってます

ラブラドール梅子とアウトドアなどして暮らす日々
TOP実家のりんごちゃん ≫ 選り好みのシニアの食事

選り好みのシニアの食事

昨日のお話の続きでごめんねー。


てんかん発作以降のりんごちゃんですが、
かまとお婆ちゃん現象が起きています。
この1ヶ月は食事も摂らず、薬も飲まず、ずーっと、ずーっと寝ていたりもします。




   003_convert_20140213113011.jpg
  (撮影日1月31日 発作の前後?これからだいぶ痩せたらしい)



前に読んだ本では、
食べない時期というのは、体がリセットしたがっている時らしいので
無理に与えなくても良いんじゃないかっちゅーことらしいです。


通っていたヨガの先生が断食して
その後の食生活をマクロビオテックに切り替えたら
アレルギーが治ったって言ってたのよね。
そういうの、あるんだろうね (゚ー゚)(。_。)ウンウン


ただ、りんごちゃんは苦しみながら、見る見る痩せていくでしょう?
介護する側は心配ですよね。



今はもう「何でもいいから食べて頂戴!少し太りなさいよアナタ!!」なのです。




いつの日か 言われたみたい そんなこと。
                      
                        読み人:ダイエッターなあなたの心







で、介護用品と一緒におやつやら主食やらも色々買いましたの。
ドライフードとジャーキーは一切食べなくなりました。
今はそうね、やわらか~いモン中心。



タンパク質って言ったら納豆最強!ってことで。
     icon
icon
    ドットわん フリーズドライ 納豆
icon




ベニソン缶は消化しやすく、関節にいい成分が入ってるみたいだから
これの小さい缶(170g)も飽きずに食べれるかしらってことで。

     icon
icon
     ジウィピークウェットフード(犬用ウェットフード)
icon



今のりんごちゃんは基本、1日3回の食事です。
後発作の嘔吐があったり、ずっと寝ていて起きなかったりするから
食事の時間を設けられないときもあるようだけど。


中身は、ぐつぐつ煮込んでバーミックスでどろどろにしたものが基本。
あとね、喉ごしよく、ごっくんしやすくするには葛粉がいいかなって思います。
それも、前に読んだ本に書かれてたんだけど。
とろみをつけると食べやすくなるし、葛粉にはお腹をよくする作用があります。


ドライフードを食べない子って、結構いるかと思います。
若い子もね、葛粉でとろみをつけてあげるのも良いんじゃないかしら。


先代犬はドライにウェットを混ぜないと食べてくれない子だったんだけど、
ウェットのトロッとした肉汁かければOKだったので
あの子はたぶん喉ごし重視派だったんだと思う。


葛粉自体には味も香りもないから、チキンスープとか、お肉とか少し混ぜてあげると
美味しそうな香りが移って、いい感じになると思われます。
喉ごし重視派か、色々食べたい魯山人派か
それぞれ個体差あるんだろーけど、試してみてね (・∀・)9





先代犬の最期が辛かったこともあり、
のんびり屋というか脳みそが天国(失礼な娘)のようなババ様も
介護を経験したお友達にアドバイスもらったり
私がずっと前に渡した栄養学や介護の本を読んだりと
最近、お勉強というものをし始め、老老介護を頑張ってます。


おうおう、その調子その調子!(上から目線な娘)








<ブログランキングに参加中>


読んだついでにポチっと押しとくれー。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

見に来てくれてありがとう。
ポチっと応援ありがとう。

Comment

編集
老老介護の時が来たらまた教えてくださいね。
お願いします。
2014年03月07日(Fri) 12:51
編集
うちの実家も老々介護だよぉ。
大変だよねぇ。
実家のチェス君は食欲だけはあるんだけど、
歯が悪くドライフードをふやかしているみたい。
ベニソン缶あげてみようかなぁ。
足腰が弱くなってるから、排泄も大変だよねぇ。
実家の母は毎日寝不足です。
2014年03月07日(Fri) 18:10
海パパさんへ
編集
やっぱりラブは足腰にきますね〜。

海ちゃんや梅子はまだまだ若い。
介護なんて、考えたくないよ〜ぅ_| ̄|○
2014年03月08日(Sat) 11:24
エレママさんへ
編集
介護世代だよねー。
上の子いくつになったー?
下の子も歳は近いんだったっけ?
トイレに起こされたり、鳴きだしたり、徘徊する子もいるようで。
睡眠不足になるみたいね〜(^◇^;)
2014年03月08日(Sat) 11:27
編集
りんごたん(;;)

食べないってほんとに不安になりますよね。
掲載されてたものは全てbebeの時に
使用しました。
なんていうのか、痙攣とか、不調のあとにガラリと嗜好が変わったりして
食べたくなる物を探すのに必死でした。

胃腸をカラにしてデトックス、リセット、ただ、老犬がそれを
することは少し不安ですものね。
食べれない時の栄養補助である
ニュートリカルを準備しておくのもいいかもしれません。
http://www.fujita-pharm.co.jp/items/item_3.html
少量で高カロリーのものなら
胃の負担にはならないだろうから。。
少量の無塩バター、練りゴマなんかも与えていました。
(ただし油分が体質的に受け付けないなら注意です)
卵も、ゆで卵では食べないけど
ゆで卵を裏ごししたら食べてました。
2014年03月09日(Sun) 18:00
ももちぇりさんへ
編集
この前「家を空けたくないのよ。1時間だけなら会えるわっ!」ってんでオカンと会ってきました。
やっぱり、ももちぇりさんからのプレゼントね、りんごがお気に入りみたいなんです。
あそこの上にいつもいるみたいなの。
で、それを見てオトンも色々考えて頑張ったみたいです。
廊下とダイニングと居間一面、
段差のあるところ全部に、センス悪い感じにヨガマットひいてるみたいですよ。

たぶんもう人間の住む部屋とは違う作りになってるんじゃないか・・・(笑)

ニュートリカル、今見ました。こういう栄養補給のサプリがあるなんて知りませんでした。
ありがとう!!!
買う買う。
2014年03月10日(Mon) 10:45












非公開コメントにする
プロフィール

梅ママ

Author:梅ママ
お酒と犬を愛するシュフ




梅子ちゃん
茨城の犬舎出身
2010年6月13日生まれ
10人兄弟の末っ子娘
大きな出来事:開腹手術
歯冠修復手術




旦那ちゃん
犬を飼うのが初めて!の
関西人サラリーマン
通称ファンシーさん

最近のコメント
データ取得中...
Powered